住まいの保証や機能だけでなく費用のことについても知る

手すりの必要性

手すりの設置で安心して暮らすこと

高齢者や身体能力の低下した方が安心して暮らすために、体を支えてくれる手すりの取り付けは必須です。ちょっとした段差でのつまずきや引っ掛かりによる転倒や階段からの転落などを防ぐために、症状や場所に合った手すりを取り付け、移動や立ち座りなどの安定を確保することが必要です。動きに不自由なく暮らしていても手すりがあることによって、ケガを防ぐことができたというケースもよくあります。高齢者や身体能力の低下した方は、足を上げて歩くことが段々と難しくなってくるため、階段や玄関から廊下、また浴室やトイレなどつかまりやすい太さや材質ものを取り付け、屋内でのケガの防止や安全な歩行や移動が出来るよう万全の対策をすることが大切です。

手すりを取り付けるために大切なこと

玄関から廊下や階段などの、おもに体を移動するために設置する手すりは、上下で固定するものから壁の下地を補強して設置するものなどがありますが、堅固に取り付け十分な支持力が得られるものでなければなりません。また浴室やトイレ洗面所などは各家庭によって配置や形状が異なりますが、水回りで使う手すりは耐水性やぬれた手でつかまった時の滑りにくさも重要です。手すりを必要とする人の動作や姿勢などを十分に考慮したうえで設置することが大切です。取り付けに関しては専門の業者に相談するなど、最適な場所に最適な手すりを取り付けることで安心して生活することができますので、介護保険制度を使える環境であればそれを活用することも良いでしょう。